インフォメーション CUETEC Information

シナジー15K

シナジー15Kシャフト

シナジー15Kシャフトは軍事産業で使用されるグレードのカーボンファイバー繊維を樹脂含侵した複数の層で構成されています。熱硬化の過程で繊維はしっかりと結合し変位を限りなくゼロにすることで、シナジーシャフトの特徴であるスーパースリムテーパーに耐えうる強度を実現しています。

15Kポリウレタンフォームコア構造

シナジー15Kシャフトの芯材には高密度のポリウレタン発泡材が使用されています。この構造により硬い木でできたシャフトで撞いたかのような打感が感じられ、できる限りの金属音の返りを削減しました。

15K先端空洞構造

他社製のカーボンコンポジットシャフトはシャフト内部の空洞部がすべて発泡材で埋められています。しかしキューテックのカーボンコンポジットシャフトの先端部は発泡剤を取り除くことで軽量化し、ショット時の手球の横ズレ(ディフレクション)を最小限にしました。

R360

R360 シャフト

グラスファイバー棒材を、ハードメープルの中心に設けた構造のシャフト。 独特の”しなやかさ”と”剛性”をバランス良く両立させ最適なしなりを実現したR360シャフトは、ディフレクションを軽減し、手球への優れたラインコントロール性を発揮します。

R360テクノロジー

R360シャフトは、4分割したAプラスグレードのカナディアンメープルの中心に管状のコアを設けた構造になっている。またフェーラル部分はACFエアクッションフェーラルのクッション効果により手球とフェーラルの最適な接触時間が得られ、過度な振動とディフレクションをおさえながら最大限の手球コントロール性と正確性を実現した。

SST

SST シャフト

メープルをファイバーグラスでコーティングしたSSTシャフトはティップから約40cmまでを、直径13mmのストレートテーパーにすることでスムーズなキュー出しを可能にしました。 さらにSSTシャフトには新技術特殊滑り加工(トゥルーグライド)が施されています。

SSTテクノロジー

特許を取得したウォープレジスタントテクノロジーは独自プロセスでファイバーグラス(ガラス繊維)やグラファイト(黒鉛)をシャフトの表面に巻き上げ、木製キューと変わらぬ撞感で一層の強度と耐久性を実現。 また、外気のコンディションからシャフトを保護し曲がりやダメージを防止します。